ご 返答 の 程 よろしく お願い いたし ます。 ビジネス文書・ビジネスメール文例集ー回答をお願いするー

「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」という結び言葉の使い方

お忙しいところ大変お手数ではございますが、 ご返答のほどよろしくお願い致します。 ご参加いただく御社関係者の方々へのご通知、 ご確認のほど何卒よろしくお願いいたします。 (ちなみに「申し上げる」は「言う」の謙譲語ではなく、「~する」の場合の行為の対象を敬う、敬意が高いほうの「~申し上げる」です。 見積もり依頼書 下記条件で見積もりをお願いします。 この「方」は動詞の連用形、サ変動詞の語幹について「それをすること」という、名詞句として使われています。 謙譲語としての「お・ご」の使い方はたとえば、 「会議日程の ご連絡」 「忘年会開催の お知らせ」 「販売状況の ご報告」 「転勤の ご挨拶」 「貴社ご訪問の お願い」 こんな感じのフレーズがあります。 お手数=お手間 「お忙しいところお手数お掛けしますがご返答〜」 「お忙しいところ大変お手数ではございますがご返答〜」• なので、使い分ける方法はどのくらい漢字を使っているのかになるでしょう。

Next

敬語で目上の人に対して「の程」は使って良い?正しい使い方・例文

ただし謙譲語にも「お・ご」を使い始めると文章が「お・ご」だらけになって読みにくくなります。 様々なシチュエーションで「返答」を使いこなせるよう、ビジネスメールでの使用例を紹介します。 ぜひ一度ご覧いただきますようお願いいたします。 ご協力いただけますよう、よろしくお願いいたします。 のほど = 「〜してもらうよう」あるいは「〜してくれるよう」の意味• 尊敬語の場合、「返信してくださいますよう」「ご返信のほどよろしく」の後に「お願いします」や「お願い申し上げます」を後ろにつけて「返信してくださいますようお願いします」や「返信してくださいますようお願い申し上げます」という使い方になります。

Next

敬語で目上の人に対して「の程」は使って良い?正しい使い方・例文

ご返答のほどよろしくお願い致します の使い方 つづいて「ご返答のほどよろしくお願い致します」の使い方について。 といったことで「御確認」と「ご確認」のどちらが良いかは、 別にルールはなく外見上のことだけです。 日時:10月1日18時~ 場所:未定 なお会場の手配等がございますので、大まかな人数を把握いたしたく、今週末までに出欠のご連絡をいただければ幸いです。 尊敬語の時の言い回しは ・ご返信ください ・ご返信お待ちしております ・ご返信のほどお待ち申し上げます ・ご返信いただければ幸いです ・ご返信お願いいたします 尊敬語の時の言い回しは ・ご返信いたします ・ご返信差し上げます ・ご返信申し上げます などとなります。 「返信してくださいますよう」は? 「返信してくださいますよう」は、「返信してください」の尊敬語ですが、「返信してくださいますよう」の後に「お願いします」や「お願い申し上げます」をつけて「返信してくださいますようお願いします」や「返信してくださいますようお願い申し上げます」の文章にして使用します。

Next

「ご確認お願いします・ご確認の程宜しくお願い致します」は正しい?

〇〇社 営業部 佐藤 〇〇 上記メールは送信したメールが届いたことを相手に確認するためのものです。 「confirm」とは「確認する」の意味を持つ動詞です。 表現に違和感を感じるようであれば「ご返答いたします」を使用するのが無難です。 「返信してください」は? 「返信してください」は、そのままで「返信してください」の丁寧語になります。 相手が大切な社外の取引先企業のため「 ご多用中、たいへん恐縮ですが、何卒ご確認のほどよろしくお願いいたします」と前段にクッション言葉を使って丁寧な敬語表現で確認の依頼をしています。

Next

「よろしくお願い致します」は失礼!? 間違えやすいビジネス文章10選│ハイクラス転職・求人サービス CAREER CARVER

目上の人に返答を催促するには? 目上の人に返答を待っているということを伝える場合は、 ・ご返答をお待ちしております ・ご返答をお待ちいたしております ・お待ち申し上げております などとするのが適切です。 ご質問3: <これは江戸時代か何かの使い回しの名残りでしょうか?> 1.この語法は既に鎌倉時代には使われていたようです。 1 「程」に「お待ちしております」をつけてよいかの問題 「程」に「お待ちしております」をつけるのは違和感があります。 「査収」は金品や書類などを受け取る場合、「検収」は納入品やシステムを受け取る場合に使い、物によって使い分けされています。 こちらではいつもお世話になっております。 「このたびは ご返答いただき誠にありがとうございます。 むしろ、この表現は使い勝手がかなりいいので、人によっては使うことが癖になっている人もいます。

Next

「ご査収のほどよろしくお願い致します」の意味と使い方

断定をさけて表現をやわらげるのに用いる語です。 更に丁寧な表現は「ご確認くださいますよう」へ言い換える 「ご確認のほど」は目上の人に使うことができる敬語表現です。 「(自分が相手に)返答してもらうよう」と考えるのであれば 謙譲語の「ご」• メールの内容、状況に合わせて印象付ける書き方を身に付けておきましょう。 「ご査収のほどよろしくお願い致します」の正しい意味は、『よく調べてから受け取ること』であり、ビジネス文書や公文書でよく使われます。 とはいえ、「拝見いたします」や「とんでもございません」などのように、日本語としては誤りでも、一般に浸透した言葉であることから、使用が認められている言葉もあります。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。

Next

敬語で目上の人に対して「の程」は使って良い?正しい使い方・例文

どうぞよろしくお願いいたします。 相手からの要望があって成り立つ言葉なので、相手が頼んでいない場面で使用すると、失礼な印象を与えることもあります。 それでは、ご回答をお待ちしております。 重ねてお詫び申し上げます。 もっと丁寧なフレーズがあるのですからそちらを使うのが無難。 そのような場合は、「ご返答」の部分を「ご返信」と置き換えます。

Next