キヤノン システム アンド サポート 株式 会社。 キヤノンシステムアンドサポート

キヤノンシステムアンドサポート

会社情報• 10月 - キヤノンMJより医療機器の保守サポート事業を譲受• 最近では畳やふすまにも様々なバリエーションが用意されており、好みに合わせてカスタマイズすることが可能です。 グリーン調達活動• 8月 - 本店を東京都品川区東品川2丁目2番4号(天王洲ファーストタワー(旧・東京MIビル))に移転• キヤノンシステムアンドサポート(S&S)は、同社が販売するフォーティネット製のUTM(統合脅威管理)のセキュリティアプライアンスに、ラックのセキュリティ情報を加味して脅威を監視する新モデル「SecuritySuite JL」を追加し、7月1日に発売すると発表した。 にコピアが キヤノン株式会社、及び キヤノン販売株式会社(現在の キヤノンマーケティングジャパン株式会社)と提携したのを機に、販売部門を分離独立し コピア販売株式会社を設立。 四国支社 -• 塗装やメッキができない部分の金属の防食に役立ち、建物をより強固にします。 依頼者の要望、建物の形状、他の設備とのかねあいを配慮して、適切な照明器具を設置するようにしなければいけません。 事業戦略• 採用ステップ含め、詳細はマイページにてご確認ください。

Next

販売会社

かつてに上場していたが、キヤノン販売グループ(当時)の会社再編に伴い、に上場を廃止。 マイバカンス制度というものがあり、年間5日の有給取得は必ず実施されるようになっている。 とくに新しくコンセントを設置する場合などは配線工事も必要となります。 電気は電柱から引込線によって各家庭に送られています。 経営方針• 資材調達情報• 会社概要 会社名 キヤノンシステムアンドサポート株式会社 代表者名 久保 邦彦(クボ クニヒコ) 所在地 〒140-8650 東京都品川区東品川2-2-4 他の拠点 〒541-0054 大阪府大阪市中央区南本町2-6-12 〒060-0003 北海道札幌市中央区北三条西4-1-1 〒981-0912 宮城県仙台市青葉区堤町1-1-2 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-23-1 〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦1-5-13 〒732-0814 広島県広島市南区段原南1-3-53 〒221-0052 神奈川県横浜市神奈川区栄町3-12 〒761-8056 香川県高松市上天神町226-1 〒812-0027 福岡県福岡市博多区下川端町2-1 〒108-8225 東京都港区港南2-16-6 電話番号 03-5479-7878 資本金 4,561,171千円 建設業許可番号 国土交通大臣許可 第023782号 業務内容 電気工事 内装仕上工事 電気通信工事 主な対応工事 コンセント工事とは、住宅などにコンセントを設置する工事のことです。 中部支社 -• 新築住宅の他、店舗の改修工事などでも行われます。

Next

沿革|キヤノンシステムアンドサポート株式会社

窓や壁、床や天井などに適切な処置を施すことで、快適な暮らしを手に入れる事が出来ます。 神奈川支社 -• 金属防食工事にはいくつかの種類があり、状況に応じて選ぶことも可能です。 4月 - 地域販売会社20社を統合する• 2002年11月 - キヤノン販売株式会社の完全子会社となる• 1日数件、新規開拓ならば数十件、はお客様のところへ訪問をすることも少なくはありません。 キヤノンの歴史• FPD露光装置• 電気工作物に係る法令の規定基づいて工事が行われ、施工するには資格が必要となります。 7月 - キヤノンシステムアンドサポート株式会社に社名を変更• 東京証券取引所第二部に上場される 1980年5月 コピア株式会社の国内販売部門を分離独立し、東京都新宿区新宿1-33番地にコピア販売株式会社 資本金:2億円 として設立 7月 キヤノン販売株式会社に40万株の第三者割当増資を行い、資本金4億円とする キヤノンおよびコピアブランド商品の販売ならびにサービス事業を開始 1982年3月 本社を東京都港区三田3-9-7に移転 1984年6月 地域販売会社の子会社化が完了して連結経営体制が確立 1986年7月 キヤノンコピア販売株式会社に社名変更 1988年11月 100万株の新株式発行 資本金:19億7,500万円 店頭市場に公開 1991年8月 本社を東京都品川区東品川2-2-4に移転 1999年2月 板橋研修センター竣工 12月 東京証券取引所第二部に上場 2000年7月 キヤノンシステムアンドサポート株式会社に社名変更 10月 ISO 14001 認証取得(2003年12月 全社認証取得) 12月 東京証券取引所第一部に指定替え 2001年10月 ISO 9001 認証取得 2002年4月 地域販売子会社を合併 10月 キヤノン販売グループ会社の再編にともなう上場廃止 11月 キヤノン販売株式会社の完全子会社となる 2003年4月 キヤノンビーエム札幌株式会社、青森キヤノンビジネスマシーンズ株式会社、秋田キヤノンビーエム株式会社の3社、ならびにキヤノンNTC株式会社の販売部門を統合 2004年1月 茨城キヤノン事務機販売株式会社を合併 7月 キヤノンビーエム埼玉株式会社ならびに群馬キヤノンビーエム株式会社を合併 2006年4月 プライバシーマーク認証取得[JIS Q 15001] 2007年3月 山陰キヤノン事務機株式会社を完全子会社化 7月 キヤノンマーケティングジャパン株式会社、キヤノンビーエム東京株式会社、キヤノンビーエム神奈川株式会社、キヤノンビーエム大阪株式会社の保守サービス部門を統合 12月 ISMS認証取得[JIS Q 27001] 2009年12月 全社認証取得 2008年1月 山陰キヤノン事務機株式会社を合併 7月 キヤノンビーエム東京株式会社、キヤノンビーエム神奈川株式会社、キヤノンビーエム大阪株式会社を合併 2009年7月 グラフィックセンターおよびキヤノンビジネスサポート株式会社のPODセンターを分割し、キヤノンマーケティングジャパン株式会社の完全子会社であるキヤノンプリントスクエア株式会社を新設 2012年11月 医療機器保守サービス部門をキヤノンライフケアソリューションズ株式会社へ移管 2014年4月 プロダクション関連営業部門をキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ株式会社へ移管 2016年1月 キヤノンマーケティングジャパン株式会社のGB営業本部を統合 2018年7月 本社を キヤノン S タワー(品川)に移転 (注:キヤノン販売株式会社は、2006年4月1日付にてキヤノンマーケティングジャパン株式会社へ社名変更) (注:キヤノンプリントスクエア株式会社、昭和情報機器、日本オセ株式会社の三社は、2014年4月1日付にて、キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ株式会社に統合). 2002年10月 - 東京証券取引所第一部上場廃止• 5月 - コピア株式会社の国内販売部門を分離独立し、東京新宿区新宿1丁目にコピア販売株式会社を設立(資本金2億円)• デザインの現場から•。

Next

会社概要|キヤノンシステムアンドサポート株式会社

2月 - に研修センター竣工• 関東支社 -• 環境への取り組み• この引込線、引込線取付点、メーターなどを経て分電盤に配線する電気工事のことを引込線工事といいます。 回答者 3. 中国支社 -• また、複合機だけではなく、いろいろなシステムやソフトウェアと組み合わせた複雑な商談となれば、そのぶん受注金額も多くなるので売り上げが上がり、達成感も大きくなります。 回答者 3. 全国転勤は絶対に嫌だったため、必須の条件でした。 この引込線工事が完了して初めて、電気を使用できるようになるのです。 働き方改革の影響もあり私が入社した頃と比較して帰宅時間、残業時間共に大きく改善されたと感じます。

Next

キヤノンシステムアンドサポート

近畿支社 -• 連続で5日間か、2日と3日に分けて取得することが選択できる。 。 2000年12月 - 東京証券取引所第一部に指定替え• その後、他のキヤノングループの企業を吸収合併していき、現在に至っている。 基本情報• 避雷針工事とは避雷針を設置する電気工事のことです。 回答者 3. 上司によっては電源を早く切って帰るよう言われました。 ユニバーサルデザイン• 0 働きがい: 日々の営業活動をするなかで、競合することも多く、また、商品を紹介してもなかなか導入まで至らないことも多いが、導入が決まったときの喜びもあります。

Next

会社概要|キヤノンシステムアンドサポート株式会社

しかし、それより低い一戸建て住宅でも避雷針があった方が良い場合もあります。 4月 - キヤノンビーエム札幌株式会社、青森キヤノンビジネスマシーンズ株式会社、秋田キヤノンビーエム株式会社の3社、ならびにキヤノンNTC株式会社の販売部門を統合• (キヤノンMJ)の。 まずは「FortiGate60F・SecuritySuite JL」(税別参考価格29万7000円から)と「FortiGate100F・SecuritySuite JL」(同96万4000円から)の2機種を発売し、今後は「Fシリーズ」以降の全機種で対応していくという。 成長と、キャリアについては、ノルマを達成することで昇格することとなります。 新たな価値創造、社会課題の解決• 東京支社 - 東京都• 製品責任• それ以外の日でも残業時間は短く比較的早く帰宅できます。 現在はの発行済株式100%のであり、のである。

Next