アルパイン イーグル。 鷲は舞い降りた。ショパール「アルパイン イーグル」

ヴァシュロンコンスタンタンの56かショパールのアルパインイーグ...

0点、2個あれば2. そういった論調に抗う武器の 「最大火力」として、それぞれのブランドが自慢の 「ラグスポモデル」を投入して、そこに命運を託そうとしているのではないでしょうか? ある意味 「売れ筋への迎合」から二歩も三歩も距離置いた存在が、 ベル&ロスというヘンコなブランドだと思っていました。 いずれにせよ、アルパイン イーグルのデザインがサンモリッツの進化形であることは一目瞭然だが、新素材のスティール合金やインハウスのムーブメントの搭載といったように、新しさを感じさせる要素もたくさんある。 さらに「アルパイン イーグル」のケース&ブレスレットには「ショパール ルーセント スチール A223」の他、ゴールド、ゴールドとスチールのバイカラーも用意されている。 サンモリッツは、その後10年間メゾンのベストセラーとなるアイコニックなタイムピースとなります。 先日、実機を触らせて頂く機会を得たので、どこよりも詳しく、速攻インプレッションレビューをしていきたいと思います! 1. アルパイン イーグル Ref. まだデビューして1年もたたないニューカマーですが、今後さらに人気を博す存在になるでしょう。

Next

ショパール アルパインイーグルの実機を見てきたので速攻レビュー!

そう考えれば、当然アルパインイーグルもバーインデックスを使うのが無難だと思います。 そのため、おそらく時計愛好家や投機家は、まだ様子見という状態かと思います。 当初ショパールが新作をこの地で発表すると聞いたときには首を傾げた。 なおかつ、程よいクラス感をまとわせてくれるワケです。 そのおかげで、スポーティでありながら高貴、しかし高貴過ぎずカジュアルさも備えている 絶妙なバランスが出来上がっていると思います。

Next

ショパール アルパイン イーグル

確かに高額ではありますが、総合的に非常に満足度が高いです。 しかし、あっさりしすぎでつまんないかというと、私はそうは思いません。 文字盤はアルプス山脈が見せる陰影を映し出したかのよう。 現在購入できる並行輸入の新品は約124万円。 発売時点では10の異なるモデルがある。

Next

ALPINE EAGLE LARGE 41 MM、自動巻き、CHOPARD LUCENT STEEL A223 298600

各ブランドのブランド性が気になる方は「がおすすめです。 着想の原点になった「サンモリッツ」。 そのうちふたつはショパール ルーセント スティール A223にアレッチブルーまたはベルニナグレー文字盤を合わせたもので、3つ目はショパール ルーセント スティール A223にエシカル・ローズゴールドを組み合わせ、ベルニナグレーの文字盤が採用されている。 078-321-0039 Open. 実は今年すでに時計を1本予約しているのですが、それが無ければ本当に買っていたかもしれません。 このコレクションの特徴は、当時の広告を見れば明らかだ。 。

Next

ショパール アルパインイーグルの実機を見てきたので速攻レビュー!

タキシードにも合わせられそうな落ち着きっぷりです。 この精密な機械構造は、ベゼルと同じポジションに配された8本のネジで固定されたサファイアクリスタル製のシースルーバックから鑑賞できる。 現代的で端正、かつ個性的でスポーツシックなタイムピース「アルパイン イーグル」新作コレクションは、ショパールの共同社長を務めるカール-フリードリッヒ・ショイフレが1980年に生み出した最初の時計「サンモリッツ」を現代的に解釈したモデルです。 加工工具の摩耗も激しく、 製品の開発と製造は、 極めて複雑なものであると同時に非常に価値あるものでもありました。 298601-3002 — ルーセント スティール A223製、 フロスティッドホワイトマザーオブパール文字盤、 ダイヤモンドをあしらったベゼル ¥1,640,000- Ref. 5点 ショパールのブランド性は 8. 「ルーセント スティール A223」と名付けられた極めて丈夫で光を反射する特殊な素材を纏うタイムピースは、スイス公式クロノメーター検定局認定のショパールムーブメントを搭載しています。 もちろん、この元となった「サンモリッツ」がローマ数字を用いていたためだと思います。

Next

KAMINEスタッフブログ

ベルニナグレー文字盤またはダイヤモンドベゼル付きフロスティッドホワイトマザー・オブ・パール文字盤にエシカル ローズゴールドを合わせたモデル。 一体型のケースとブレスレットを備えるタイムピースは、端正かつ現代的なデザインで、美しいアルプスの自然とそこに生息するイーグルをイメージさせる数多くの特徴を示しています。 リンクはアルプスの岸壁を思わせ、滑らかなポリッシュにジュエラーで培われた美意識が漂う。 そして、ショパールの時計作りのノウハウの蓄積は、カール-フリードリッヒ・ショイフレの功績によるところが大きい。 これまでブレスレッドは、ブルガリオクトかブライトリングのナビタイマーブレスが最高と思っていましたが、それよりも装着感が優れていると思いました。 4年を超える研究開発を要した、この新たな合金を使用してウォッチ製造することは、非常に困難を強いられる作業でした。

Next

ショパールのかつてのアイコンモデルがリバイバル!

繊細なデザインでありながら、どっしり構えた落ち着きも同時に感じさせる 「アルパイン・イーグル」。 そして第三に、優れた均質性を持つ結晶構造と純度の高さによって、従来のスチールと比べて不純物の混合が極めて低く、ゴールドに匹敵する輝きと光度を実現したのである。 ショパールは長年、エシカルゴールドを使用することで知られており、アルパイン イーグルに使われているゴールドも同様だ。 サンモリッツは、 その後10年間メゾンのベストセラーとなるアイコニックなタイムピースとなります。 その上には、力強く夜光付きのインデックスを配す。

Next