ダイハツ ロッキー 燃費。 【ダイハツ新型ロッキー】「2020年型早期改良!」6月1日発売!最新情報、サイズ、燃費、価格は?

ロッキーの燃費 [5BA

パワートレーンは共通で、1Lターボ(98馬力/14. 雪道はともかくグラベルやダート程度ならFWDでも十分で、何より大事なのは最低地上高だ。 一方でパワートレインはマイルドハイブリッド+6速有段ATと、ヨーロッパライクな仕様だ。 デザイナーさんに聞いてみると、近年はボディサイドにクッキリとしたキャラクターラインを引くクルマが多い中、あえて1本もラインを引かずに「面」を強調したところだという。 スマホから確認できるほか、クルマに戻る際には地図アプリでルート案内も可能。 そしてきっと、それを170万円台からという価格と、5ナンバーサイズで実現したことが最も褒め称えるべき魅力である。 その名のとおり車の買取に特化しているので、下取りよりも高く買い取ってもらえます。

Next

【オススメはG】ダイハツ ロッキーのグレード比較!装備・デザイン・安全性・燃費など画像多めで解説!

カーブの出口に向かってアクセルペダルを少しずつ踏み増していくと、前後輪へ駆動力を分配する多板クラッチの電子制御によって、後輪にも駆動力を伝えてくれる。 若々しくアクティブな生活を楽しむ層をターゲットとし、レジャーから買い物などの日常生活まで幅広いシーンで活躍するクルマを目指した。 変速比をワイドレシオ化することで燃費性能や静粛性にも貢献する。 「全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール」や「スマートパノラマパーキングアシスト(駐車支援システム)」を含む安全技術を採用。 SUV大人気で女性やセカンドカーには超マッチしていますが、チョイノリやファーストカーにベスト車。 コストに制約がないのなら高機能・高性能であればあるほどいいに決まっているのだが、それだとクルマが際限なく高くなる。 居住区のスペースをそれだけ広々と確保しながら、荷室も十分に広いのも特徴。

Next

【ダイハツ ロッキー 新型試乗】コンパクトカー人気がますます高まりそうだ…渡辺陽一郎

ダイハツが開発・生産を担い、トヨタへOEM供給されるコンパクトSUVだ。 6月に発売された同じダイハツの『タフト』はグラストップが標準装備であるなど、ロッキーともまた違う付加価値の出し方で攻めてきている。 内装がちょっと派手で抵抗がある、という場合は最上位グレード「Premium」がおすすめです。 動力には1リッターターボエンジンを搭載し、D-CVTと組み合わせる。 軽量に仕上げて軽快になりダイハツもスズキをお手本にしてる感はあり、スズキと類似を狙うのはいいこと。 シーケンシャルターンシグナルや先行車、対向車などを避けて照射するアクティブハイビームなどが装備されないシンプル仕様だが、アクティブハイビームはともかく流れるウィンカーなどあってもなくてもクルマの本質はもとより装飾性にもほとんど関係ないというのが個人的な考えなので、むしろ試すには願ったりである。

Next

ダイハツ ロッキーの評価・口コミが7件。1ページ目 1〜7件を表示

そんな簡便な作りながら、普段使いについては結構満足のいくチューニングになっている。 ライズを見るたびRAV4と間違うのは? RAV2に改名、2駆ばかりだし。 トヨタ新型ライズでは上位モデルの「RAV4」などからくるバンパーデザインとなっていますが、ダイハツ・ロッキーではデザインの重心をあげることで独自のSUVスタイルがつくられています。 クルマとしての性能は軽自動車プラットフォームということもあってか限定的だ。 燃費レポート<市街地・街乗り編の主なコース>• 海外モーターショー、ドライブ取材も多数。 フルモデルチェンジする新型ロッキーは、2017年東京モーターショーに出展されたコンセプトモデル「DNトレック」をベースに、「タント」に続く最新プラットフォーム「DNGA」採用車第2弾となり、コンパクトボディにタフな走りを組み合わせたSUVとして製作されています。

Next

ダイハツ ロッキーの燃費は悪い?口コミを元に実燃費を調べてみた

WLTCモード燃費、WLTC市街地モード燃費、WLTC郊外モード燃費、WLTC高速道路モード燃費の4通りの燃費で計算しています。 前輪の負担が減り、2WDに比べて旋回軌跡が外側へ膨らみにくい。 また、同グレードでも2WDと4WDでは約20万円の差があります。 ダイハツ ロッキー グレードによるインテリアの違い 本革巻ステアリングホイール【Z】 「L」はウレタン素材のシンプルなステアリングホイール、「G」「X」はシルバー加飾の施されたスポーティーなデザインのウレタン素材のステアリングホイール、「Premium」はシルバー加飾付の本革巻きステアリングホイールが標準装備されています。 最上級グレード「Premium」にモノトーンカラーを標準設定することで価格をダウン。 DNGAは「Daihatsu New Global Architecture(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」の頭文字となっており、トヨタで採用されていた「TNGA」のダイハツバージョンとして制作。

Next

【試乗インプレ】ダイハツ「ロッキー」&トヨタ「ライズ」はパワフルに走るコンパクトSUV / 「とにかく乗りたい!」というパッションがあふれてくるモデル

Premium FF:220万0000円、4WD:242万2200円 新型ロッキーの価格は、コンパクトSUVとして手に入れやすい設定となり、170万5000円からとなっています。 そこで おすすめなのが車買取専門店です。 【将来の電動化やコネクトサービスの実現など「CASE対応を見据えた設計構想」を織込み】 将来の電動化を見据えた諸元設定、スマートアシストの進化やコネクトサービスの提供を見据えた電子プラットフォームの設定など、「先進技術をみんなのものに」すべく今後さらに開発を加速 ダイハツは、幅広い新世代車に対応できるDNGAプラットフォームを採用することで、走行性能や燃費性能をアップ。 もしもの事故や故障時にスムーズな対応を可能とする「つないでサポート」 事故対応サポートでは、エアバッグの展開から事故を検知すると、コネクト対応車載機に連絡先ボタンを表示し、通話相手を選択することで電話発信が可能。 Photo:G 2WD。 3kg・mあるので割と面白いです。 そこで おすすめなのが車買取専門店です。

Next

【ダイハツ ロッキー 450km試乗】「これ1台でOK」を実現した低価格&普通車SUV、売れるのも道理だ

アウディA1のフロントかと思うバランスいいデザイン? アイドリンクスタートは少々うるささはある。 Photo:G 2WD。 オートハイビーム• もしもの事故や故障時にスムーズな対応を可能とする「つないでサポート」 事故対応サポートでは、エアバッグの展開から事故を検知すると、コネクト対応車載機に連絡先ボタンを表示し、通話相手を選択することで電話発信が可能。 フロントフェイスを直立させて、FRベースの本格的なオフロード車のような外観へと仕上げられている。 反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。

Next