まめ きち まめ こ ブログ。 ABOUT

野外保育「まめのめ」

すごいなぁ。 ありがとう、まめのめ。 すると、「Dが痛がってるだろ!」とSくん。 スタッフのみなさん、日々の保育ほんとうにありがとうございます! これからの真夏に向けても、子どもたちは仲間たちと 「今をとことん楽しく過ごしてくれるだろうな」と感じました! (のの) ママ、まめのめに8年ぶりに見学参加!! 長女が入園してから早8年が経過した。 お昼ごはんを食べる展望台目指して 子どもたちの背丈ほど草が伸びた道なき道を 前の人の踏み跡を辿りながら歩いていく。 いつのまにか始まったかけっこ競争。

Next

野外保育「まめのめ」

。 情報を利用することで何らかの損害が発生したとしても一切の責任を負いません。 噛んでみる。 草むらを抜けると山道。 気になって、ご近所の獣医さんに連絡したところ道ばたにうずくまっていたということですでに保護してくれていました体中あちこちけがをして、膿だらけ治療中、押さえなくてもじっとしていたとのこと助けてもらっているのがわかるのでしょうか野良猫とは思えないほど人なつっこく、甘え上手、おしゃべり上手です食欲もばっちり、早く元気になってねめっちゃかわいいけど我が家では・・・無理だよね奄美もコロナの影響でテイクアウトに切り替えて頑張ってるお店が多数あります先日、キャンティーンさんで限定テイクアウトがあったのでお持ち帰りとってもおいしかったですこれはクセになりそう、いいですねコロナに負けるなーーーステイホームぽちっに... でもさすがのまめのめ。 ながいものにはまかれる。 。

Next

まめちん 南国移住日記

なんと豊かなことでしょう。 。 その真似をして、ゆらゆら揺らすGくん。 頼もしいねー。 大きな子たちは、水着のまま、川に行ってきまーす!と雨降る中、喜んで川の中へ。 当たり前のように、川の中で対話が生まれている。

Next

野外保育「まめのめ」

竹林の端、斜面に伸びた背の高い竹に体重をかけ ゆーらゆら揺らすSくんとKくんが 折れた勢いで斜面を転がり降りる。 黒猫ちゃん!!• 寄り添う人がいる。 たっぷり竹林で過ごしてから移動。 もうまめのめなんか行きたくない、と言った事は、3人合わせても、なんと1度もない。 水が冷たくて、魚が「あ!」とみつけられる世界。 さて、2ヶ月くらい前から近所で見かけていた黒猫ちゃん先日、我が家の前を横切っていくときに足を引きずっていたような。 勢い余って、Hくんの首が締まりそうになった時 すかさず、Yくんが間に入り、「首しめたらだめ!苦しくて死んじゃうから!」 と毅然と三回言う。

Next

まめちん 南国移住日記

いい顔!いい顔いい顔!!!!!!!いい! こうやって楽しい!気持ちい!最高って気持ちを表現するんだね!! こんな顔、自然がなければなかなか見れない。 遠くの山と、青空と、こどもたちが一つに見える世界。 こんな日が1番困る。 過酷ですなぁ、自然は。 風は吹き荒れ、 大粒の雨が。

Next

野外保育「まめのめ」

小さな小さな2歳の子も、言葉になるかならないのお話しをしながら、なんか笑い合っている。 子どもたちがずっと幸せに過ごしてきたこの場所。 なんだこれ!うっ。 わたしも学校や保育園で働いていたけれど、 この表情、このはじけかた、こんな声。 幼虫〜!ひぃぃぃ〜! ハチの形してる〜サナギ〜!ひぃぃぃぃ〜!! 出てくる出てくる。 みんなが追いかけても追いかけてもすり抜けて、「おはよー」 いつもひろみさんがFacebookにあげてくれている写真を眺めて幸せな気持ちになっているが… 本物の世界は比べ物にならない。

Next

ABOUT

しかもどしゃ降り。 目に見えない力、たくさん学んでいるんだなぁ。 砂場に、鬼ごっこに、かくれんぼ、虫探しに、柿の実集め。 たもつ「蜂の子だよ〜食べたい人ー!?」 こどもたち「はーい!はーい!はーい!」(笑) たもつが、 はちの巣を「ここのね一番外側が卵でね、ここが幼虫で この中は、もうさなぎになってて、ほら、どんどん進化してるんだよー。 少し間があり、みんな静かに受け止めている感じ。

Next