ザロック wwe。 ザ・ロックの父ロッキー・ジョンソンさん死去 WWE殿堂入りレスラー、猪木とも対戦/ファイト/デイリースポーツ online

ドウェイン・ジョンソンが再び“ザ・ロック”に!WWEへ復帰宣言でファン歓喜

08年にはWWEの殿堂入りを果たした。 5月2日のは、ロックの誕生日スペシャルと銘打たれた。 ザ・ゴッドファーザー、18. この年、米国の雑誌『』のインタビュー に答え、「私はそのニックネームと共に全てを築いてきたことを承知しているが、そのネームバリューなしに何かもっと多くのことが出来ないものかずっと模索してきた。 試合はシナに攻め込まれる場面がみられるも、や、など全盛期を彷彿とさせる動きを見せ観客を大いに沸かせる。 また、ロックは台詞の中で独自のスラングを使用する。 運良く王座防衛したミズにもピープルズ・エルボーを浴びせた。 ドルフ・ジグラー、2. 2019年8月20日閲覧。

Next

ザ・ロックの父ロッキー・ジョンソンさん死去 WWE殿堂入りレスラー、猪木とも対戦/ファイト/デイリースポーツ online

更に、メイン戦のザ・ミズとシナのWWE王座戦がダブルカウントアウトに終わるとすぐさま登場、その場で反則裁定なしでの再試合を命じる。 1月にWWEに復帰すると、映画スターとしてのキャラクターを誇張するヒールに変貌を遂げる。 2014年4月6日に行われたで、レジェンドのホーガン、オースチンらと再会し、トークをしあった。 そこでは自身と同じ三世スターであると口論となったため、GMのに追い出されるような形で会場を後にしたが、十分に存在感を見せつけた。 僕が香港と北京に行った時、彼女もついて来てね、僕はこう言ったんだ。

Next

ファンお待ちかね! ドウェイン・ジョンソン、ついに “ザ・ロック”としてWWEのリングにカムバック

以降現在まで上位に座り続け、ハリウッドスターとしての地位を確かなものにしている。 去年の大会で逆立ちしながら敗退を逃れたコフィ・キングストンは、今年は叩き出されたところでテンサイの背中にしがみつき、さらに実況席に不時着、タイムキーパーからキャスター付きチェアを奪い、チェアごと飛び跳ねながらリングへ戻り、今年もファンを驚かせた。 もし、レスラーとしてブッキングする場合、「プライベートジェット機の使用」「ボディーガードを最低でも5人は用意する」「ギャラも1~2億では無理」とがインタビューで発言している。 今週から放送局がSyfyからFOXに変更となる。 試合終了後にはシナにを食らわせレッスルマニアでの対戦へ向け強いインパクトを残した。

Next

ザ・ロックが改めて娘シモーネのWWE入りについて語る : WWE Live Headlines

彼女はチャンピオンになるさ」(BANG Media International/デイリースポーツ). 連打からの 非常に派手なモーションながらも素早くパンチを連打して平手を掲げてから平手打ちで締めくくる。 『SmackDown』はWWEのプロレス番組で、今年20周年を迎えた長寿番組。 俺様だ!」と叫んだ。 その後の紹介を得て(当時)でトライアウトとしてテレビ収録ので2回ほど試合を行う(この時はリングネームは無く本名だった)。 通称「 スポーツエンターテイメント界一シビれる技」。 子を身篭ったカーラを恋人に持っている。

Next

ザ・ロックが10年ぶりのWWE王者に!=WWE「ロイヤルランブル」結果リポート

2013年にはCMパンクとタイトルマッチを闘って勝利し、11年ぶりにWWEヘビー級王座を獲得した。 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 一方で「でも、生の観客、視聴者、マイクに勝るものはない」と試合で味わえる醍醐味についても熱く語っていた。 ロック・ボトム1発で秒殺し、試合時間6秒の最短記録を更新。 ザ・ミズ、29. 2019年8月5日閲覧。 監督:• 今大会の目玉、ロイヤルランブルは3試合目に組まれた。 すると、WWE会長が現れて、シールド奇襲は間違いないと指摘し、パンクに何かを告げようとした。 パンチを連発した後や、相手の腕を捻った後に首を捕らえて非常に素早く行う。

Next

ファンお待ちかね! ドウェイン・ジョンソン、ついに “ザ・ロック”としてWWEのリングにカムバック

その後、NODのリーダーであったと険悪になり、ユニットから追放し自らリーダーとなる。 なお、この当時からのファンでもあったことを公言している。 裁判も無しに刑務所に幽閉されてしまったため、その第一人者であるウォマックとはその頃から互いに憎み合っている関係。 他にも2011年の復活以降は様々な形でたびたびWWEの番組に登場している。 3月12日のRAWにビデオながら突如登場し、で行われるビンス・マクマホンの代理選手との代理選手勝負について語り、久々に決めゼリフも披露した。

Next