転生 したら スライム だっ た 件 登場 人物。 【人物】ゼロ

【転スラ 人物紹介】クリシュナ|東の帝国の異世界人で近衛騎士No.17【※ネタバレあり 転生したらスライムだった件】

の魔王覚醒直前、「上位悪魔召喚」に強引に割り込む形で配下2名と共に現世に召喚され、万を超えるファムルス王国兵の死体を材料に、禁忌呪法:妖死冥産(バースディ)を応用した術で身体を作り出して受肉 、後にシオンたち死亡者蘇生のために配下2名を提供したことからリムルに名を与えられた。 食べた相手の能力を奪う『捕食者』と世界の理を知る『大賢者』、 二つのユニークスキルを武器に、進化していく最強スライム伝説が始まる。 大鬼族に進化した時点でAランクに至っており、軍事再編の頃には技量も含めるなら上位魔人ゲルミュッドと互角以上に戦えるまでに成長している。 鬼人進化時にすでにAランクオーバーとなっており、豚頭帝との戦いではオークの軍勢をたやすく焼き払っていくなど戦術級の力を身に着けた。 全員が強力なユニークスキルを持つが、我が強く自己中心的で、凶暴、快楽殺人者など対人欠陥を持つ。 仲良くなった少女ピリノ(声 - )とピリノとシズから一文字ずつとって名付けた風狐ピズを炎によって灰も残らず焼き尽くしてしまい、人並みの幸せも叶えられないことに絶望する。

Next

【転スラ 人物紹介】ウルティマ|原初の悪魔「紫(ヴィオレ)」で聖魔十二守護王の1人【※ネタバレあり 転生したらスライムだった件】

後に軍事再編で工作部隊となる第二軍団の将軍に任命され、志願兵の猪人族3万5000名の「橙色軍団(オレンジナンバーズ)」も指揮することになる。 ラバーストラップ 全8種 約6. 国王として即位したヨウムと結婚。 初めて魔国連邦を訪れた際にヴェルドラが読んでいた漫画の魅力に取り憑かれ、ヴェルドラを漫画の師匠として慕うようになる。 帝国との戦争ではゴブアと組んでティアを足止めした。 評議会を通して各国から集めた支援兵をそのまま編入した15万の「西方配備軍」の軍団長も一応兼任する形となる。

Next

【転スラ 人物紹介】ウルティマ|原初の悪魔「紫(ヴィオレ)」で聖魔十二守護王の1人【※ネタバレあり 転生したらスライムだった件】

副官として2体のアークデーモンを従えていたが、の名付けにより(と)、それぞれ悪魔公(デーモンロード)に進化している。 リムルとしての正体を隠し人間界で活動する場合に使用される。 真なる魔王への覚醒のためにファルムス王国の扇動とミュウランを暗躍させテンペストへの被害を拡大させたことでリムルたちの怒りを買い、ミリムを操りユーラザニアを滅ぼしたこと、その片棒を担がせ弱みを握り、高圧的な態度に出たことでカリオンとフレイも敵に回すことになる。 ジュラの大森林に住む兎人族族長の娘。 ユニークスキル 『独裁者(ウエニタツモノ)』を所持しており、その効果で上記の深層意識まで読み取る 『思考読破』を持つ。 対象を虚数空間に閉じ込める 『無限牢獄』、多重構成された複合結界と空間断絶による絶対防御 『万能結界』、黒炎雷、魔力操作及び熱量操作に加え慣性制御、自在に『胃袋』へと熱の出し入れをする 『法則操作』、位置座標を認識した空間を自在に支配・移動する 『空間支配』を獲得した。 グルーシス 種族:獣人族 獣王戦士団の末席に名を連ねる狼の獣人。

Next

【人物】マサユキ(本城正幸)

つまり例えるならマクドナルドの店長が、客を集めるためのパフォーマンスとして店先で踊っていたら、踊り自体を褒められ、踊っている当人も楽しくなってきたのでもうやめられなくてストリートダンスの世界に踏み込んでしまった。 ヒナタ暗殺のため、魔国連邦攻撃にギャルドになりすました火曜師が潜入、月曜師と金曜師も出撃したが、本国から駆けつけたルミナスに粛清され、ディアブロ討伐のためニドル領に向かった土曜師、水曜師、木曜師も返り討ちにあって消滅。 漢字では「楓」と表記。 この記事の目次• 初登場時には老人だったが名付けにより若返り、大鬼族並みに大柄な壮年の大男となったほか、一族全員が種族進化しホブゴブリンとなった。 身体の半分程度を失っていたため、リムルが自分の万能細胞を与えて補い、外骨格は魔鋼で補った。 ドワーフ王国居住時に採掘作業従事中の事故で負った致命傷をリムルが提供した回復薬によって救命されたことに恩義を感じており、その縁からドワーフ王国を追放されたことを機にテンペストへ移住した。

Next

リムル=テンペスト【転生したらスライムだった件】|ibis大百科

リムルらに戦いを挑むも、精神攻撃効果を持つ武器を所有し精神攻撃を無効化できるシオンに圧倒され、ミリム達に欺かれていた事を知って追い詰められ、最期は『魔王達の宴』の場で不完全覚醒を試みEPにして78万8842に到達するも 、リムルの『暴食之王』で魂も残さず吸収され消滅、死亡退位した。 ガゼルのことを信用しているとはいえ、リムルの規格外の行動にたびたび驚き、ガゼルに警鐘を鳴らす。 『月の瞳』と『分身体』を併用する事で、影を通して世界各地の情報を収集し、その場への『移動』も出来るようになり、さらに諜報能力が向上した。 マサユキの即位に伴い、テスタロッサと共に帝国へ随行する事になる。 十三王家の中で唯一血縁関係にあるエラルドに対しては自身の素顔を見せるほど信頼しており、奔放な振る舞いとわがままで彼を振り回している。 これにより、700名の悪魔族からなる魔国連邦の最大戦力にして唯一ベニマルの指揮下にない「黒色軍団(ブラックナンバーズ)」の指揮官となった。 リムルと一度別れた後、クレイマンが魔国連邦に対し妨害工作を行おうとしていることに勘付き、連邦が害されることを良しとせず、フレイと協力してクレイマンに支配されているかのように振る舞いクレイマンを出し抜いた。

Next

転生したらSpreadsheetだった件(ミネムラコーヒー)

能力を統合し、主の補助を行う存在 として、リムルの持つ全ての究極能力を支配下に置く。 何度か転生を繰り返しているが魔国連邦加入時点で500年無敗の子爵級で、発生は古く原初の本流に限りなく近い個体。 しかし、ルミナスやディアブロなど彼女を知るものからすると、本性は陰気で陰湿で残虐非道の代名詞のような存在と言われており、実際は猫を被るのが超得意で、二重人格を疑われるほど感情の起伏が激しい。 ヒナタと同時期にシズに弟子入りしており、シズの心残りであった召還失敗の犠牲者である5人の子供をイングラシア王国自由組合本部近くの学校に置いて保護している。 首都リムルに招かれて会談を行い魔物を敵視する教義の撤廃を決定、その後開国祭に顔を出した際に連邦の音楽に感銘を受け、リムルと音楽交流会を行う約束を取り付ける。 武器の肉切包丁(ミートクラッシャー)や防具は、悪魔族の『物質創造』と同じ原理で破壊されても任意で顕現自在になっている。

Next